バイクの輸送は多くの引越し業者を比較することが大切

バイク輸送申込

引越しを行うときは新生活に向けて資金を温存しておきたいと考えるのは当然で、できるだけ安く作業を終えたいものです。引越し業者はテレビCMで見るような大手業者のほかにも地元で事業を展開している小規模な業者もあり、どの業者に依頼するとお得なのかが非常に気になります。そのため、業者を決める際は多くの引越し業者を比較検討することが料金を安くするために大切なことです。

 

まず、大手は引越しの作業にかかる料金がほぼ一定です。もちろん荷物の量やピアノなど特別な扱いが必要になるものがあるかどうかによって料金の変動はありますが、あらかじめ決められている料金表に則って総額が決まるため事前に予算を立てやすくなっていて、その総額も地元の業者と比べると安いことが多いはずです。その理由は、全国規模で事業を展開しているためスケールメリットが働き、一軒一軒の料金を下げても会社として十分な利益が出せるからです。しかし、大手の業者といえども料金の詳細な設定は異なっていて、その違いが多くの項目にわたると総額にもかなりの差が生まれてしまうのです。

 

一方で、地元の引越し業者は経営者の裁量によって料金が変わることが少なくありません。たとえば、業者が雇っている人数が少ないときは料金が高くなったり、作業の依頼が少なく時間があるときは安くなるなど安定しません。しかも、その料金は実際に問い合わせて見積もりを取ってみるまで分からないのです。そこで、引越しをするときは複数の業者から見積もりを取ることを心がけましょう。見積もりはメールだけで行う場合もありますが、担当者に現在の自宅まで足を運んでもらって荷物の量を確認してもらうとより正確な金額を見積もってもらえます。複数の業者から見積もりを取ることは手間がかかりますが、引越しの料金を安くするためには欠かせない作業なのです。引越しは業者によって料金に差があります。見積もりを取ることが安くするための秘訣だと言えます。

バイクの引越し費用・料金相場

バイク輸送見積

引越しをする際にはバイクを持っている方は一緒に運んでもらう必要があるので、気になるのがバイクの引越しにかかる料金相場です。これはオンシーズンとオフシーズンによってもかかる費用が変わってきますが、バイクの排気量によっても変わってくるので、注意が必要です。

まずは排気量の少ない原付などのスクーター式のバイクの場合は大きなトラックを用意すること無く、バイク輸送する事が可能なため、1万円から2万円程が料金相場になっています。これは原付二種などのスクーター型のバイクでも大きく費用が変わることはありません。費用が変わってくるのは中型から大型にかけてのバイクです。

 

中型以上になると専用の大型トラックを用意する必要があるので、3万円以上はかかると考えていたほうが良いでしょう。また更に大型バイクの場合には5万円前後が料金相場になっています。バイクの大きさが大きくなるほど、価格があがる理由ですが、トラックに積み込むことになる為、大きなトラックを用意する必要がある点と、大きな物ほど、傷を付けずに移動するのが困難なためです。小型のものであれば、多少揺れてもコンテナにぶつかる可能性は低くなりますが、大きくなるほど、車体が揺れた時にぶつかってしまう可能性が高くなってしまい、補償の問題にもなってきます。その為、引越し業者としても低額で受ける事が難しくなり、利益を確保する為にも料金相場はサイズが大きくなるに連れて、高くなる傾向にあります。

 

料金を安く抑える為には引越しの依頼が多いシーズンを避けることが大切です。多くの引越しの業者はオフシーズンの時であれば、通常料金より割引した金額で引越しを受けてくれる可能性が高くなります。安い引越し業者を見つけるためにも繁忙期は避けて引越しを行うようにしましょう。また依頼をする際は一つの業者に見積もりをとるだけではなく、複数の業者に一括して見積もりをとる方が比較検討する事ができるので、便利です。

引越しのサカイではバイクを運ぶことが可能かについて

バイク輸送費用

引越しをするときは、さまざまな品物を運ぶことになります。引越しを手がける会社は多数ありますが、運んでもらえる品物の種類は会社によって異なっているため、事前に確認しなければなりません。もちろん、どの会社に依頼する場合でも、ダンボールに詰められる品物であれば通常は運んでもらえます。問題になるのは、ダンボールに詰められない品物の場合です。例としては、バイクなどが挙げられます。自動車を運びたい場合は、自分で運転していけばよいわけですが、バイクとなると手間がかかってしまうため、運んでもらいたいと考えるのは普通です。

 

引越しのサカイに依頼する場合、バイクを運ぶことも可能になっています。ただし、一般の荷物と同じように運ぶわけではありません。自転車であれば一般の荷物と一緒に運ぶことができるのですが、バイクは違っているのです。バイクを運ぶ必要があるときは、提携会社による運搬となります。したがって、引越しのサカイに直接運んでもらえるか、という点で考えると運んでもらえないともいえるわけです。

 

気をつけなければならないのは、バイクを運ぶ作業は車両陸送という形のオプションになることです。したがって、一般の荷物とは別の有料サービスなのです。バイクを運ぶ提携会社は、バイクなどの車両を運ぶプロで、途中で傷ついてしまうなどの心配をする必要がありません。この点こそが、提携会社が運ぶ大きなメリットだといえます。ただし、当然のことながら料金が高めになってしまうので、デメリットでもあるわけです。引越しの予算を考える際は、バイクを運ぶための料金も考慮しなければなりません。また、引越しのサカイが直接バイクを運ぶ形ではないため、一般の荷物のように速やかに運んでもらうことはできないのです。バイクを運ぶときは、1台だけを運ぶわけではありません。まとまった台数を運ぶことになるので、何日くらいかかるかを予測するのは難しいのです。バイクをすぐに使いたい場合は、自分で運ぶ方が望ましいといえます。